マタニティ歯科

妊娠したら歯の健康に気をつけましょう

妊娠すると、歯が悪くなる方がいます。しかし、よく言われる「妊娠すると、赤ちゃんが母体からカルシウムを吸収していくため、お母様の歯が悪くなる」というのは迷信で、赤ちゃんが母体からカルシウムを持っていくことはありません。妊婦の歯が悪くなる原因は主に5つあります。

  • 1.生活が不規則になる

    食生活が不規則になることで、歯への負担が大きくなったり、お口の中を清潔に保つことが難しくなったりします。

  • 2.酸っぱいものを好むようになる

    酸っぱい食べ物は、お口の中を酸性にします。そのことで、炎症が起きやすく細菌が増殖しやすい環境になります。

  • 3.歯のケアをしづらくなる

    つわりによる嘔吐感によって、歯磨きをしづらくなってしまいます。

  • 4.女性ホルモンの増加

    女性ホルモンが増え、それを好む細菌が増殖しやすくなります。
    妊娠中期から後期にかけて、上記理由によって妊娠性歯肉炎になりやすくなるといわれています。

  • 5.自分のことに意識がいかなくなる

    妊娠すると、お母様は全てが赤ちゃん優先になり、自分自身のケアを怠りがちになります。

妊娠性歯肉炎の危険

妊娠をしたら、生まれてくる赤ちゃんのためにも、お母様の口腔ケアに気を付けるようにしましょう。家族にむし歯の人がいると、赤ちゃんに感染する可能性があります。また、妊娠中期から後期にかけて、歯周炎になりやすくなる(妊娠性歯肉炎)といわれています。お母様の歯茎にむし歯や歯周病によって細菌が増殖すると、血液を通って全身に転移し、流産・早産・低体重出産を引き起こすことがあります。
出産後はさらに忙しくなり、お母様ご自身の歯科治療はしづらくなってしまいます。妊娠中や授乳中は治療を受けたりお薬を飲んだりすることを避ける傾向にありますが、必ずしも悪い影響が出る訳ではありません。
当然、当院では赤ちゃんに問題のない範囲で、しっかりと治療をさせて頂き、安全なお薬を処方しております。早めの口腔ケアと治療で、生まれてくる赤ちゃんを万全の状態で迎えてあげましょう。 歯周病のひどい妊婦さんは、歯周病菌の影響で早産や低体重児出産などの妊娠トラブルの危険性が高くなることが報告されています。

赤ちゃんの健康のために -妊婦の口腔ケアの重要性-

母子感染によって乳幼児へむし歯がうつってしまうことがあり、虫歯の多いお母さんの子どもは、早くから虫歯になる危険性が高いと言われています。
妊娠中でも虫歯や歯周病の治療は可能です。しかし、お母さんのお口の中を清潔にしておくことが、赤ちゃんにとって、最も大切です。
お母さんのお口の中を清潔にして、赤ちゃんの歯と健康を守りましょう。

母子感染を防ぎましょう

虫歯の原因となるミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいません。しかし、歯が生え始めると、お母さんや周りの人の口の中にいたミュータンス菌が、さまざまな経路からやってくるようになります。

ミュータンス菌の主な侵入経路

ストロー、箸やスプーン、キス、口移し

一緒に生活をしている限り、ミュータンス菌が赤ちゃんに感染することを完全に防止することは不可能です。しかし、周囲の人達がお口の中を清潔に保っていれば、ミュータンス菌を減らすことは可能です。特に、お母さんのお口の健康は赤ちゃんにとって何よりも大切です。
最も効果が高く、理想的なのは妊娠期のお母さんの口腔ケアから赤ちゃんの虫歯予防をスタートさせることです。赤ちゃんへの感染時期が遅いほど、赤ちゃんは虫歯になりにくくなります!

感染時期

もっとも感染しやすい危険な時期は、乳歯の奥歯が生えてくる1才半から3才くらいの間です。虫歯の原因菌であるミュータンス菌が感染する時期が遅ければ遅いほどお子さまの虫歯予防につながります。

感染しやすい時期

母子感染を予防するための口腔ケア

PMTC(歯のクリーニング)

PMTCとは専用の機械を使用し、歯ブラシでは簡単におとすことのできないバイ菌の集合体(バイオフィルム)を徹底的に取り除くお口のクリーニングです。3から4か月に1度に行うことで、非常に効果的に虫歯や歯周病を予防することができます。

歯のクリーニングの流れ

食後のキシリトール

キシリトールにはミュータンス菌の活動を弱め、感染を防いだり、歯垢をはがれやすくする効果があります。

食後のキシリトール

キシリトールにはミュータンス菌の活動を弱め、感染を防いだり、歯垢をはがれやすくする効果があります。

お電話またはWEB予約にて無料相談の受付をしております

お電話でも承ります075-601-6669

WEB予約はこちら

※WEB予約の時間帯以外をご希望の場合はお電話にて受付をさせていただきます

歯の痛みでお悩みの方・むし歯治療にご興味がある方へ

妊娠されている方は身体だけでなく精神的にも不安定になりがちなもの。ただでさえそうなのに、まして歯の治療までするとなるとちょっと・・・このように妊娠されている方への歯科治療は普通の治療とは異なり特別な配慮が必要です。さらに妊娠中は通常よりも虫歯や歯周病にかかりやすくなる傾向があり注意が必要です。
そしてご自身だけでなくおなかにいる赤ちゃんのお口の将来もかかっている時期。ふじわら歯科では、妊娠中の方に対する専門的な知識を持った歯科医師、スタッフが適切な対応を行いますのでご安心下さい。そしておなかのお子さまのための「マイナス1歳からの歯科予防」をおこなっております。

ページの先頭へ

WEB予約 24時間予約可能お電話でもご予約できます:075-601-6669

診療時間

※水曜日・日曜日休診 不定期に月曜休診。最終受付は17:30まで。

住所:〒612-8141 京都市伏見区向島二ノ丸町387-3 駐車場:乗用車8台分

  • 住所〒612-8141 京都市伏見区向島二ノ丸町387-3
  • 駐車場乗用車8台分(京都府宇治市槇島町落合228-2)
  • 電話番号075-601-6669